ケンケン(跛行)犬

11月1日の夜もいつも通り、就寝前のワン・ツーで庭のワンワントイレに行ったジンジャー。

ところが部屋に戻って来た時、明らかにいつもとは歩き方が違っていました。

左後ろ脚をしっかり地面に付けられず、ケンケン(跛行)しながら戻って来たのでした。

その時はすぐに普通に歩けるようになり、さっきのは何だったんだろうなって軽く流してしまいました。

しかし翌日以降も、寝起きの時など立ち上がった直後に、30秒位ケンケン歩き(跛行)をすることが時々ありました。

それから1週間経った7日の午後、お散歩に行こうと玄関を出たあと道路に出てもまだケンケン歩き(跛行)が続き、お散歩を断念しました。

そしてその日の午後、病院に連れて行きました。

先生はジンジャーの左後ろ脚を持って、曲げたり伸ばしたり引っ張ったりを繰り返しました。

診断の結果は、前十字靭帯部分断裂

当面の間、お散歩は禁止です。

レントゲンを撮るまでも無く…と言うか、靭帯損傷はレントゲンを撮っても映らないのだそうです。

完全に断裂してしまった場合には、手術をするしかないようです。

しかし、掛かりつけ医では大型犬の靭帯手術を手掛けておらず、その場合は紹介状を書きますからと言われました。

何だか大がかりなことになりそうなので、そうならないよう気を付けようと思います。

でも、いくら気を付けていても、一部裂けた靭帯が元に戻ることはないそうです。

残っている部分を完全に断裂させない対策としては、周りの筋肉を鍛えることくらいしかありません。

ところが、部分断裂しているワンコには、激しい運動も段差のある場所の歩行も禁止です。

なぜなら、残りの部分まで裂けてしまう危険性があるからです。

激しい動きをしなくても、普通に立ち上がっただけでも、切れてしまう事があるのだとか・・・。

筋肉を鍛えるって、いったいどうすればいいのでしょうね?

それでも抗炎症薬を処方して頂いて、3日目にはケンケン(跛行)しなくなりました。

そして1週間、なんとか大人しく過ごしてきました。

13日の午後、経過を診ていただく為に再び病院へ行きました。

歩行に支障が無くてもまだあらぬ方向に少し膝が曲がるということで、抗炎症薬の服用は更に1週間続けることになりました。

それでも1日に1回1km程度のお散歩なら、再開しても良いでしょうと言われました。

一人ぽっちの留守番が寂しかったジンジャーは、大喜びでお散歩を再開しました。

・・・が、今朝のことです。

お散歩に出かける直前、勢い余って玄関のベンチにピョ~ン!

この1週間、私も主人も散々「飛んじゃダメ~!」「走っちゃダメ~!」って言い聞かせてきたのに・・・。 

勿論その瞬間、ジンジャーはケンケン(跛行)犬に逆戻りしました。

幸い、今回も完全には断裂しなかったようで、すぐに脚をついて普通に歩けるようになったのですが。

そもそも股関節形成不全が原因で盲導犬の訓練から外れたジンジャーですが、今度は膝に新たな爆弾を抱えてしまったわけです。

ジンジャーと私達家族の、更なるドキドキ生活の始まりです。

171116_z

写真は、母の心配などどこ吹く風で日向ぼっこをしている、今日のジンジャーです。

余談ですが、なぜかこのタイミングで私も左足の膝蓋骨亜脱臼が再発しました。

歩行中に突然、ガクン!

続いてズキン・ズキンと痛みが走り、とても厄介です。

抗炎症薬は服用しています。

仔供達と一緒のお散歩中は特に、「今だけは膝のお皿がズレませんように!」って、祈るような気持ちでドキドキしながら歩いています。

いつも仔供達と一心同体で有りたいと考えています。

でも、今回の様に一緒に具合が悪くなるのは、ちょっと困るかな?

| | コメント (0)

ナンシーの災難

10月26日の昼間デッキで日向ぼっこをしている最中に、床板のササクレにでもひっかけたのか?虫に刺されたのか?

原因は分からないのですが、ナンシーの右前脚の肩の下あたりから少し出血していました。

それでいつもの軟膏を塗って、様子を見ることにしました。

幸いそれ以上炎症が広がることも無く、翌日には出血したところにカサブタが出来初めていました。

それから3日くらい軟膏を塗って様子を見ていたのですが、傷の表面も乾いてきたので、もう大丈夫かなって思っていました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この前の連休は、久しぶりにお天気に恵まれた週末となりましたね。

主人が手伝ってくれると言うので、我が家では娘達のシャンプーをしました。

いつも私の担当はシャンプーと、タオルドライが終わった後の爪切り。

そして主人が手伝ってくれるのがデッキでのタオルドライとブラッシング、そしてさらに手が空いていれば耳掃除。

この日、先にシャンプーを終え、主人の待つデッキへ走って行ったのはナンシーでした。

ジンジャーのシャンプーを済ませデッキに送り出したあと、急いでお風呂掃除をして私もデッキに合流です。

・・・で、その時私が目にしたものは、焦ってアタフタしている主人と、肩から血を流し横になっているナンシーの姿でした。

一向に学ばない主人、また、やっちまいました・・・。

その数日前に、私がナンシーの右肩の傷を見せて話をしたことなど、すっかり忘れいたのでした。

そして抜け毛シーズン真っ盛りの娘の体に入念なブラッシングを続けていたというのです。

かなり出血するまで全く気が付かなかったというのですから、もうビックリですよね。

手伝ってもらっておいてなんですが、ナンシーに代わり、猛抗議をしたことは言うまでもありません。

主人も反省しきりで、何度もナンシーに謝っていました。

果たして、それをナンシーが理解していたかどうかは分かりませんが。

171107_n

写真は今日現在のものです。

171107_n_2

アップで見るとこんな感じ。

肌の弱い銀河で、散々この失敗を繰り返した主人。

そのせいで何度も病院通いをする羽目になった銀河。

当然の様に、私は主人に対し、銀河へのブラッシング禁止令を出しました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

本日11月7日

もしも生きていたら、銀河は今日、満16歳のお誕生日を迎えていました。

お母さん、今年も銀河と一緒に、生クリームたっぷりのケーキ、食べたかったよ。

161107_1

写真は去年のお誕生日のものです。

今年はお空に向かって、Happy Birthday 銀河!

| | コメント (0)

お手伝い

ジンジャーが物を運ぶようになったのは生後3ヶ月足らず、盲導犬パピーちゃんとして我が家にやって来て間もなくのことでした。

171102_051005

最初は、お手伝いをする銀河の真似から始まりました。

171102_060128

それから間もなく、新聞・郵便物・タオル・洗濯ネットなど、咥えられる物ならなんでも運びたがるようになりました。

171102_060601

この写真はジンジャー生後11ヶ月・銀河もまだ4歳でした。

やがてジンジャーは運ぶだけでなく、私がうっかり床に落としたものなども拾ってくれるようになりました。

例えばサインペンやマーカーペン、もっと小さいものではキャップや消しゴム等。

何処に居てもすぐに駆けつけて、サッと拾うと私の手の中に渡してくれます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

時は流れ、現在我が家で暮らしているワンコは、性格的にはほぼ真逆と思われる2頭の娘達。

ナンシーはお手伝い好きというわけではなく、とにかく“私が私が”ってタイプの甘えん坊です。

おかげで、ジンジャーに新聞等を渡しても、たいていは途中でナンシーに奪い取られてしまうのです。

まあ、私としてはどちらが運んでくれても構わないのですが。

でもね、ジンジャーが確実に私の手に渡してくれるのに対し、ナンシーは私の前まで持って来ると、ペッて床に置いてしまうのです。

どうせなら、手の中に渡してくれる方がありがたいですよね!?

じゃあ、なぜナンシーが横取りして運ぶのかと言うと、ご褒美のおやつがお目当てだからです。

ジンジャーは12歳になった今でも運ぶことが大好きで、「お手伝い有難う!」の言葉だけで、シッポブンブンなんですけどね。

そういうことを考えると、やはりジンジャーに運ばせたいと思いますよね?

だから主人も私もナンシーが気づいていない時を見計らって、こっそりジンンジャーにお手伝いをお願いするのです。

171027_z1

そしてこれが、今も颯爽とお手伝いをするジンジャーです。

| | コメント (0)

不意打ち

あちらこちらで大きな被害をもたらした超大型台風の21号が、先程温帯低気圧になったようですね。

台風被害で辛い思いをされた皆様方へ、心よりお見舞い申し上げます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

先週、盲導犬協会の冊子、東日本盲導犬協会だより「絆」が届きました。

まずは表紙の写真、眠っているパピーちゃんに癒されました。

それから、へぇ~なるほど・・・とか、あぁそうなんだぁ・・・とか思いながら、ページをめくって行きました。

そして最後のページが近づいたところで、動揺してしまいました。

思いがけず、うちの3ワンコの写真を見つけたからです。

それは近所の工場で行われたイベントの写真でした。

今年も参加する予定だったのですが、イベント当日は生憎のお天気だったので、我が家のお手伝いはお休みとさせていただきました。

でも、そこには今年の写真と一緒に、去年の写真も掲載されていたんですね。

その中にうちの仔供達の写真が2枚ありました。

1枚目は、人見知りなジンジャーがしっかりと笑顔でPRのお仕事をしているところ。

分かり辛いのですが、銀河・ナンシーはダウンの姿勢てナデナデしてもらっています。

そしてもう1枚は、お疲れさんで眠ってしまったジンジャー・ナンシーと、その手前にいる銀河の大きな頭。

午後、イベント終了間近になるとお客さんは少なくなるし、疲れもたまって眠くなってしまうんですよね。

仔供達と一緒に参加したPRのお手伝い、そのいろんな場面が頭の中に次々浮かんでは消え、浮かんでは消え・・・。

冊子の写真は勝手に転載できないので、あの日(2016年5月14日)のイベント中、うちのカメラで撮った写真を見て頂こうと思います。

171023_160514_1

うちの仔供達、みんな良い顔してるでしょ?

171023_160514_3

銀河・ジンジャー・ナンシー・お疲れ様でした!

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

銀河が居た頃の娘達は、よ~くこんな笑顔を見せてくれました。

お兄ちゃんと一緒に居るだけで、安心だったんだろうね。

今更ながら、「銀河、みんなのお兄ちゃんになってくれて、ありがとう!」

| | コメント (0)

なのに今日もまた・・・

昨日は暖かな日差しに誘われて、私がブログを書き終わる前にサンデッキへ出て行った娘達。

ワン・ツーしたいのかな?って見ていると、そのままゴロリ。

こちらは、今シーズン初の日向ぼっこでした。

去年の秋の初め頃だったかな?夏の終わり頃だったかな?

足が滑って上手く歩けない銀河の為に、デッキの上も仔供達が歩くところにだけ滑り止めのマットを敷きました。

銀河亡きあと、一度は剥がそうかと思いました。

しかし、その後今までずっと身軽だったジンジャーが、階段をトントント~ンと駆け上がって来るときに勢い余って滑るようになりました。

それで滑り止めマットはそのまま・・・というか、ちょっとバージョンアップしました。

だから、そのマットのある部分には多少クッションが効いているし、立ち上がる時にも楽なわけです。

171018_n

それを理解して日向ぼっこの場所を決めるのが、知恵者のナンシーです。

171018_z

一方、ジンジャーは普段から物事をあまり深く考えないタチでして・・・。

「ジンジャーの、そういうところが可愛い!」と、主人はよく言うんですけどね。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

そんなポカポカのご褒美は1日限りで終わり、今日はまた冷たい雨。

洗濯物も室内干しだし・・・ということで、朝からストーブをつけています。

それでも室温が20度を超えないように、換気と温度には気を付けています。

そういうことで、今は寒過ぎず暖か過ぎず、そこそこ快適です。

171019_zn

なのに今日もまた、私の横のハウスはギュンギュン詰め。

「もしもし、後ろのお嬢ちゃん。お姉ちゃんのお尻、邪魔じゃないですかぁー?」

いつ見ても、なんだか窮屈そうでね。

それでもこうしてくっ付いていると、安心できるのでしょうね。

| | コメント (0)

«秋は短し